苦あれば楽(歓び)あり

サイクリングの思い出

 

以前、友人と二人で1時間ほどサイクリングをしました。

「ハァハァ、しんどい!この坂も自転車で登るの?」

坂道にさしかかって、彼から悲鳴のような声が聞こえてきました。

自転車を引いて坂道を歩いて登ることにしました。

 

私にとっては、確かに上り坂はしんどいですが、下りになった時は爽快です。

適度な達成感、風の音、自然の景色など楽しみが一杯です。

 

走り終わった後、私は気分が爽快になり、お腹もすいてきました。

ところが彼に感想を聞くと、「テンションが下がった!もう二度とサイクリングはしない!」というものでした。

彼にしてみたらサイクリングは不快なものだったようです。

 

私は、ふと「人生」もサイクリングに似ていると思いました。

彼は、「サイクリングは、平地を走るもの」と思っていたそうですが、狭い日本、そうとは限りません。

坂道を走ることも、舗装していない道を走ることもあります。

 

次ページ|幸せの第一歩はどこにある?

1

2

関連記事

  1. 緑の風景イメージ

    幸せチェック

  2. 池の底

  3. 鍛える

  4. 心づもり

  5. 桜イメージ

    幸せになる2つの方法

  6. 今年、私が驚いた3つの事件簿

  1. 新年のお祝い

    2022.01.01

    あけましておめでとうございます ~目標って大切~

  2. 2021年12月イメージ

    2021.12.01

    師走マジック

  3. 双葉と青空

    2021.11.01

    変化は人の思いから!?

  4. 秋のコスモス

    2021.10.01

    更に発展するために

  5. たたかうイメージ

    2021.09.01

    毎日最高のパフォーマンスをするために!

最近のコメント